ホーム>はじめての方へ>保育スタッフからのメッセージ

保育スタッフからのメッセージ

保育士への転職・復職をしたい方へ

川口 真弓さん

園の直接雇用職員になりました
まわりの人のことも幸せにできる、そして自分も幸せになれる本当に素敵な仕事

 

川口真弓さん

Q. ファミリー・サポートに所属して何年になりますか?

A10年になります。

 

Q. 応募したきっかけは?

A前職はテーマパークで接客の仕事をしていました。
昔から小さい子どもが好きで、子どもと深く接する仕事に就きたいと思い、働きながら民間の保育の資格を取得しました。
メリーポピンズのようなベビーシッターになりたい!とシッター会社を探していたところ、ファミリー・サポートと出会いました。

Q直接雇用職員になったいきさつは?

A数年前から派遣でお世話になっていた園で声をかけていただいたのがきっかけです。
以前から、職員の皆さんのプロ意識が高く、毎回勉強させていただく事も多く、とても成長できる職場だと感じていました。
勤務の機会がある度に「まゆみ先生、待っていましたよ!」と自分を必要としてくださる事をとても嬉しく思っていました。
とてもいいご縁をいただいた事、本当にありがたく思っています。

Qこの仕事をして良かったことは?

A直接雇用していただいた園で、子育て支援センターでの一時保育を担当させていただくようになりました。
シッターでの経験も生かしつつ、ママ目線の意見を聞けたり、職員の方との意見交換もできたりする…
2つの職場の相乗効果で、とても勉強になり良い経験ができていると感じています。

ベビーシッターをしていて一番幸せを感じる瞬間は、親子の間の愛情あふれる会話、幸せそうな様子を見る事ができたときです。
忙しかったり、心の余裕が無かったりする時に、シッターがサポートに入ることで、その家族が笑顔になれる…
それを達成できることが私の目標だと、10年勤務してあらためて感じています。

Q. 求人をする人へのメッセージを一言!

A保育の仕事は、まわりの人のことも幸せにできる、そして自分も幸せになれる本当に素敵な仕事だと思います。
たくさんのパパ、ママ、子ども達の笑顔を見られるよう、一緒にがんばりましょう!

保育士もベビー&キッズシッターもしたい方へ

Y.O さん

園の仕事もベビーシッターの仕事もしています
 

 

Y.O さん

Q. ファミリー・サポートに所属して何年になりますか?

A14年になります。

 

Q. 応募したきっかけは?

A三宅島から避難してきている子どものためのボランティアをきっかけに子どもの仕事に興味を持った。
資格がなくてもできる仕事、ということでベビーシッターの仕事を見つけた。私にとってはチャレンジでした。

Qどんな仕事をしてきましたか?

A保育所、幼稚園の保育補助などあらゆる仕事を受けました。
仕事を組み合わせて生計を立てられる収入を得ることもできます。

Qこの仕事をして良かったことは?

Aいろいろな経験をしました。自然体で接して下さるお母さまに保育をすっかり任せていただいたり、
時には一緒に保育に入っていただいたりしたのが印象に残っています。そのお子さんももう小学校6年生。
年賀状にお母さまの一言が添えられていることに励まされます。元気をもらえ、ほんわかした気持ちになれます。

自治体の母子寮でのお仕事を受けた時のお子様のさみしげな小さな背中が印象に残っています。
私の場合は「教育」するというより、お子様に寄り添って「支える」仕事が好きだと気づいて、続けているうちに確信に変わってきました。

Q. 求人をする人へのメッセージを一言!

Aこんな素敵なお仕事なのにまだまだ知られていない、
もっと皆さんに知ってほしい!と思います。
 

ベビーシッターとして働きたい方へ

遠藤直子さん

「やる気」があれば高収入も期待できます
 

 

遠藤直子 さん

Q. ファミリー・サポートに所属して何年になりますか?

A19年目です。お子さんと過ごす時間の楽しさが原動力になって10年続けられてきました。

 

Q. どうして集団保育ではなくベビーシッターの仕事をしようと思いましたか?

A集団保育を経験した後、ファミリー・サポートのベビーシッター募集の広告を見て興味を持ちました。
当時私はベビーシッターについてよく知らなかったのですが、お子さんに携わる仕事をしたいと思っていたので仕事内容を詳しく教えて頂くため面接に伺いました。お話を聞いて責任の重い仕事だと思いましたが、やってみたい気持ちが大きくなり、ファミリー・サポートでお世話になることになりました。

お子さんがリラックス出来るご自宅で、1対1でじっくりと向かい合えるのは私に合っていて、気付けば19年たっていました。

Q今まで、何軒くらいのお宅(何人くらいのお子様)との出会いがありましたか?

A膨大過ぎて数えられません。(笑)

 

Qこの仕事をして良かったことは?

A7~8年くらいの長いお付き合いになるお客様もいらっしゃいます。ハイハイしていた赤ちゃんがランドセルを背負って一人で出掛ける姿を見ると健やかな成長に幸せな気持ちになります。そんなお子さん達をたくさん見守ってきました。
みんなの愛らしい表情は、会わなくなって何年もたってもすぐに思い出せます。

お子さんの純粋さや豊かな感性にいつも新たな発見をもらい、お子さんが持つまわりを幸せにする力を実感出来ることです。
誠実さが求められる仕事です。お子さんと一緒に笑うことでこちらも日々元気をもらえます。

Q. 求人をする人へのメッセージを一言!

「やる気」があれば高収入も期待できます!
 

特技を生かしてベビーシッター・講師をしたい方へ

佐藤幸子さん

音楽を生かした保育をしています
 

 

佐藤幸子 さん

Q. ファミリー・サポートに所属して何年になりますか?

A19年です。

 

Q. どうして集団保育ではなくベビーシッターの仕事をしようと思いましたか?

Aひとり1人とじっくり関わりたかったから。
音大を出たのですが、子どもの仕事をしたくて保育士資格取得を目指している期間、
あるベビールームでアルバイトをしたところ、子どもの不安定さ、雑務の多さ、保育者が受け持つ人数に疑問を感じたことがありました…

Q. 今まで、何軒くらいのお宅(何人くらいのお子様)との出会いがありましたか?

A500人くらい? 数え切れません。(笑) 
レギュラーで何年ものお付き合いもあれば、スポットで一度きりの出会いもあり、
また、イベントや学会、企業などの託児も何度も経験したので・・・

Q. 印象に残っているお仕事(お子様 ご家族)はありますか?

A6ヶ月〜13歳まで伺った、レギュラーのお宅が印象に残っています。
家族でもない、親でもない、先生でもない、まるで親友のような関係になりました。
小さい頃は、運動会や遠足などもサポート、大きくなってからは、悩みや秘密の相談なんかもして、
音楽チューターとして、お稽古のサポートもしました。

送迎も沢山しました。保育園に始まり、習い事、映画館にご一緒して、映画も見た事もありました。
海外の学校に入られて、お別れが来た時は、泣きの別れでしたが、何度か連絡をもらい、大人になっていく彼女がとてもキラキラして、一緒に時間を過ごした事が、改めて幸せに感じました。

Q. この仕事をして良かったことは?

A楽しいです。毎日、笑いが絶えない。

 

Q. 求人をする人へのメッセージを一言!

A正直、楽な仕事ではありません。大切な命を預かる仕事です。しかし、毎日が楽しく、充実します。
まるで恋人に会いに行くみたいに、ドキドキ、ワクワクします。

保育士、幼稚園教諭だけでなく、音楽やアート、お勉強などの資格者もチューターコースで活躍しています。
看護師や栄養士なども、様々なお子様の年齢のサポートをするベビーシッターには、強い味方です。
ぜひチャレンジして下さい。お待ちしています。